「自己PR」って、何を伝えるの?

「自己PR」って、何を伝えるの?

就活虎の巻

就職活動で常にまとわりついてくるのが、「自己PR」
エントリーシート(応募書類)でも、面接でも、
必ず訊かれる項目の一つです。
しかし、就職活動をしている人の約9割が
「何を伝えればいいのか?」
と悩んでいます。

結果として、
・一番思い出深いイベントの状況説明
・努力してきたアピール、頑張ってきたアピール
・アルバイト先、サークル・部活、会社の説明
・「すごいことをしてきたでしょ!」という自慢話
になってしまうのです。

ここで考えていただきたいのですが、
企業(団体等も含む)は、
なぜ、自己PRをさせるのでしょうか?
自己PRで、一体何を知ろうとしているのでしょうか?

そもそも企業は、
仕事のできる能力の高い人材
を求めているはずです。

それならば、
私たちがアピールしなければならないのは、
「私は、能力の高い人材です」
ということです。

このロジックに基づいていけば、
自己PRで伝えるべきことは、
仕事で使えることのできる「能力」
だということがわかります。

では、あなたが仕事が使える能力とは
いったい何でしょう。

自己分析が重要になります。